扁桃腺摘出手術を受けた

口蓋扁桃の摘出手術を受けて7日入院したときの記録。

手術を受けた理由

直接の引き金は先月初旬に扁桃腺炎で40度以上の熱を出し入院したこと。以前から1年に何度も扁桃腺炎になっていた。喉の痛みからはじまり高熱というパターン。最悪の場合は悪化して抗生剤点滴のため入院となる。年に1-2回入院していると思う。過去にも医師に摘出をすすめられたが出血などのリスクが怖くて断っていた。その代わり以下の予防に命をかけていた。

  • 頻繁なうがい。出社、帰宅時はもちろん。トイレで手を洗うときはうがいもする。
  • 通勤時のマスク。これは他者のくしゃみや咳からの予防目的ではない。マスクを付けていることで、自分の手が鼻や口などの粘膜に物理的に触れなくなる。つまり自分の汚い手からの感染を防ぐのが目的。
  • 睡眠
  • 加湿。家には加湿器が2台あり冬場はフル稼働である。
  • 喉の腫れや痛みを感じたらすぐに病院に行き、必要があれば抗生物質を処方してもらう。(今回はこれでも悪化してしまった)。

にも関わらず何度も扁桃腺炎になる。これが以下の2方面で辛かった。

虚弱問題

ネットで扁桃腺摘出体験ブログを読むと大体同じことが書いてある。手術後に、体感で風邪の引きやすさが 1/10 くらいになるらしい。また喉が痛くなる風邪を引いても2-3日でほぼ良くなる。「これが一般人の引く風邪なのか!」と思うらしい。そんなめぐまれた一般人の人たちから見ると、扁桃腺炎にかかってワンシーズンに1-2回。高熱で1週間くらい寝込む人たちは、虚弱体質に見える。もしくは本人の予防努力(もしくは気合)がたりないというレッテルを貼られてしまうのだ。また時には、完全に好意から謎の民間療法をすすめられたりする。これらは地味に辛い。

予定たてられない問題

いつ扁桃腺炎になるか分からないので予定を立てられない。もしくは予定を入れるのがとても不安。覚えているだけでも

  • 昨年の夏。息子とのキャンプの直前に入院。
  • 今年イタリア旅行の前に発熱。

などでやらかしている。家族や知人に迷惑をかけるのが怖くて色々断りがち。仕事の海外出張も怖い。「もし出張中に発症して悪化したら?」「アメリカの病院に行くの?」「入院したら法外なお金かかる」などの不安がつきまとう。その不安がストレスになり扁桃腺が腫れたこともあった。

手術と入院の記録

ツイートしていたものをそのまま貼っておく。

  • Day1: 麻酔科医と看護師さんの説明を受ける以外は今日は何もなし。看護師さんも口蓋扁桃とったらしい。痛いですよー😉と言われた。
  • Day2: 朝から手術。全身麻酔なので記憶なし。終了後3時間安静。痛さは扁桃炎マックスの時と同程度なので耐えられる。血の混じった痰をできるだけ優しく外に出すのが難しい。痛みと麻酔後なので夜までひたすら寝るのみ。同室で同じ手術を受けた人はもっと痛そう。
  • Day3:術後最初の食事。重湯、具なしコンソメスープ、牛乳、りんごジュース。喉の奥に違和感あるが意外と飲み込めるものだ。体調はかなり楽になったが、邦画を見るのはOKだが、もっと頭を使う洋画や読書はしんどい感じ。夜は痛みで寝られず痛み止めをもらった。まだ大きな声ではしゃべれない。
  • Day4:食事がお粥に。スパルタで焼き魚も。全ての薬が経口薬になり点滴とさようなら。術後はじめてシャワー気持ちよかった。矯正のリテーナを長めにつける。英語コンテンツも見られるくらい良くなった。まだ飲み込むと痛い。唾液に血が混らなくなった。家族がお見舞いに来てくれた。ありがたい。アメリカの友人や同僚に「扁桃腺手術ならアイスを食え」と言われたので実践。確かに患部周辺がひんやりして気持ちいい。
  • Day5:食事がお粥から通常のご飯へ。喉の痛みも気持ち穏やかに。読書をする余裕が出てきた。メモの魔力読み中。Switchのウィッチャー3プレイ中。良い意味でリアルなお使いゲーム。さすがに暇なので洗濯して衣類をきれいにたたむなど時間つぶし。この時期に出血のリスクがあるので油断せずに休まないと。
  • Day6:喉の痛さや違和感以外は、全て正常になったように感じる。喉の奥のかさぶたが自然に優しく剥がれれば吉。運悪く一気に剥がれると出血→再手術。というようなことがおきやすいのが今日明日らしい😬。安静にする。そういえば新しいスマホのセットアップは時間をつぶせてよかった。
  • Day7:喉の痛みがさらに良くなった。痛み止めを飲まなくても食事ができる。予定では明日か明後日退院。シャバに出ても運動や固い食べ物などは禁止。
  • Day8:無事退院🎉

半年後(2020年5月頃)の感想をここに書く